Teruko Ichihara

16歳だった頃、

「オートクチュール」という

お洋服の存在があることを知りました

そのきっかけはオートクチュールコレクションが

テレビから流れていた映像だったのですが

それらのお洋服を見た時、

全身に電流が走る、とはあのようなことを指すのでしょうか、

人がこんなにも美しく見えるものがあるんだ!と

ずっと探していた水源を見つけたような

鮮烈な気持ちになったことを今でもハッキリと覚えています☆

 

それからというもの、

高校在学中ではおこづかいやアルバイト代のほとんどを

ファッション誌の購入代として費やし、

それらの雑誌を授業中もこっそり読むという、

そして印刷されているプリントが擦れる、破れるまで読むという、、

ファッションに夢中だった青春時代を過ごしました

また、当時読んでいた雑誌はといいますと生意気にも

US VORGE  BAZAAR SPUR FIGARO ELLEなど、

海外のファッション誌を好んで愛読をしていました

  

そして高校卒業後の進路はと言いますと

飛行機体や海外に興味もありましたので

航空専門学校に進学することとなりました、が

しかしながらファッションへの想いが経ち切れず

翌年、服飾専門学校に入学しました

念願叶って、服飾専門学校へ入学出来たのですが

入学するまでの道のりは平坦ではありませんでした

やっと服の事が学べる!と希望を胸に抱いていましたが

服飾とは実技も多く、

要するに職人技術なんですよね

私は針と糸を扱うことは全くの初心者でしたので

挫折や落ち込むこともたくさん味わいましたが

それでも服飾に関われていることが何よりもうれしくて

毎日が楽しかったです♪

 

服飾専門学校を卒業後は

ヴィンテージショップで6年間働きました

その後は派遣社員などを経験したのち

いつか自分のブランドをつくれたら、という

あのオートクチュールを見て夢見たことを思い出し

「ichifuku」をスタートさせました

名前の由来はといいますと

私の原点が服に関わることでしたので

「服=福」の意味も込めた「fuku」を選び、

名前のichiを組み合わせてみました

 

大阪府出身

趣味:音楽鑑賞(ソウル、ジャズ) 古物、建築

好きな色:藤色

好きなデザイナー:イヴサンローラン、阿部千登勢

 

※複製、転売、デザイン盗用は固くお断りいたします