思い起こせば小学校の好きな科目は図工と音楽で

中学生になると技術の科目が得意でした

そして高校生となった16歳の頃、

「人がこんなにも美しく見えるものがあるんだ!」という

鮮烈な気持ちとともにオートクチュールという服の存在を知ることになります

オートクチュールは着る人に合わせて仕立てるお洋服で

壮麗な一点ものというところに惹かれていきました

それからというもの服のことが知りたいという好奇心のおもむくままに

朝から晩まで授業中でさえもファッション誌を読んでいるという

オタクな高校生時代を過ごしました

月に一度、販売されるファッション誌にはスポーツウエアから

オートクチュールまで多種多様なお洋服がたくさん載っていて夢中で見ていました

ファッション誌の各ページをめくるたびに憧れの気持ちが募ると同時に

一体どのような環境で生まれ育てばこのような素晴らしい洋服がつくれるのだろう?と

デザイナーにも興味が湧いてきて出身国や育った環境など

デザイナー自身の背景も調べていくことになり

高校を卒業する頃は衣服についてかなり詳しくなっていました

現在のようにインターネットは普及していない時代でしたので

情報源は本とテレビ番組のファッション通信でした

また当時読んでいたファッション誌はというと

SPUR、FIGARO、ELLE、時々VOUGEなどを愛読していました

高校卒業後は服飾専門学校に入学。

服飾専門学校卒業後はヴィンテージショップで6年間働き

いくつかの職を経て現在に至ります

 

「いちふく」

人の気持ちは着ているお洋服で変わるもので

不思議な力があると感じていたことから原点でもある「ふく」を選び

自分の名前の頭文字を取り店名を「いちふく」と名付けました

 

大阪府出身 乙女座

趣味:音楽鑑賞(ソウル、ファンク、ジャズ、ブルース) 古い物、建築

好きなデザイナー:阿部千登勢さん